最新情報

ニュース

浪速鉄工株式会社ってどんな会社vol.2

当社が扱うアイボルト・アイナット・シャックルはクレーン作業に欠かせない玉掛け作業(注1)に使用される半専用的用具(注2)に属する。玉掛け作業等における労働災害を防止するために、玉掛用具の必要な安全係数・使用荷重等の選定や保守点検、ワイヤーロープの吊り角度・手順・掛け方など、厚生労働省は安全の係るガイドラインを作成しており、当社もそれに基づき製品開発を行っている。ガイドラインでは、アイボルト・アイナット・シャックルなどの半専用的用具はつり荷の上面に固定し、つり上げて移動させるのが原則である。しかしながら、つり荷や作業現場の状況などで、それが不可能な場合もあり多様な使い方をされるのが現状で、現行のアイボルトでは安全性確保が難しい事例も多い。

当社は、そのような現状の課題に着目し、シャックルの動きが自由自在で、重量物の横固定も考慮した「吊り上げ」や「引き起こし作業」が可能なアイボルトの開発に着手し、平成19年に可動自在な多機能吊り具製品“マルチ アイボルト”(特許登録済 No.3606802,No.3868439)の製品化に成功し、平成20年から自社ブランド製品として販売している。

 

(注1)玉掛け作業とは、一般的にワイヤーロープやチェーンその他の玉掛け用具を用いて、荷をクレーンなどのつり具(フック)に掛けたり、外したりする作業のことをいう。

(注2)半専用的用具とはある程度吊り荷を限定した用具(つりクランプ・ハッカー・アイボルト・アイナット・リング・つりビーム・つり箱・モッコ等)

 

当社製品マルチ アイボルト

2017年12月18日 10:44 AM

▶新着記事一覧