最新情報

ブログ 一覧

NC(Naniwa Company)ブランドアイボルトについて

当社は、1949年の会社設立以来、半世紀以上に渡ってアイボルト・アイナット(注1)を中心に自動車部品・建機部品・シャックルなどの熱間精密型打鍛造品を製造しています。エアーハンマー(注2)による熱間精密型打鍛造品では技術力も高く評価されており、アイボルト・アイナットの国内販売シェアは約55%で、国内ではNO1企業の実績を有しています。

 

当社では、半世紀以上に渡って鍛工品を製造してきた技術・ノウハウから「市況に左右されない商品作り」をコンセプトに、付加価値の高い自社製品の開発や、重量物を吊り上げる為に使用されるアイボルトなどの製品に不可欠な安全性を重視した「品質向上・安定供給」を掲げ、徹底した生産体制、検査体制(ISO9001品質マネジメントシステムに基づいた品質管理体制)(注3)を取り入れることで信頼の持てるNC(Naniwa Company)ブランド(注4)の製造に取り組んでいます。

 

 

(注1)アイボルト・アイナットは重量物を吊り上げるために使用され、これが破損する時は大きな事故に結びつく恐れがあるため、重要保安部品として日本工業規格(JIS)で取り扱われている。

 

(注2)エアーハンマーは鍛造における製造方法の一種で、伸ばし作業や荒打ち作業を用いて複雑な形状の鍛造品をつくり出すことが可能である。打撃数に応じて柔軟な加工が可能である一方で、熟練した高い加工技術を必要とする製造方法でもある。当社では、5t、1t、5tの大型エアーハンマーを各1台、合計3台保有しており、15gから300kgまでの鍛造品に対応できる生産体制を確立している。

 

(注3)平成15年にISO90001を取得。

 

(注4)当社のねじの呼びM16以上のボルトには、JIS規格に基づき、ねじの呼び及び製造業者、使用荷重の刻印がされており、「NC」は当社のブランドマークである。

 

次回のコラム : 自在型アイボルト(回転アイボルト)についてご紹介します。

2020年6月23日 4:18 PM

▶新着記事一覧