マルチアイボルト

マルチアイボルト

印刷・PDFに保存する 使用上の注意

従来のJISアイボルトでの危険を伴った横吊り、斜吊り、引き起こし作業時にも安全にご使用いただけます。
JISアイボルトの使用荷重の3倍の使用が可能となるので、対象物のネジ穴加工が小さくてすみ、コスト削減になります。

NETISに登録されました

NETISとは

国土交通省が提供するしているデーターベーシステムです。
新技術情報提供システム新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的とした、新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)の事です。NETISは、国土交通省のイントラネット及びインターネットで運用されるデータベースシステムです。


公開URL:
http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail1.asp?REG_NO=KK-150017&TabType=2&nt=nt

  • マルチアイボルト1
  • マルチアイボルト2

特徴

  1. 従来のJISアイボルトでの危険を伴った横吊り、斜吊り、引き起こし作業時にも安全にご使用いただけます。
  2. JISアイボルトの使用荷重の3倍の使用が可能となるので、対象物のネジ穴加工が小さくてすみ、コスト削減になります。

※2個以上のマルチアイボルトを使用しての荷役の時は、つり角度による張力増加係数を加味 した使用荷重の範囲内でご使用ください。また取付けに際しては、本品の座面と荷役物体の 間に厚ワッシャ等をはさむ取付けは使用荷重を激減させるため保障が出来ません。

※繰返しのご使用は出来ますが、繰返しの使用による金属疲労からの破損の恐れがありますの で、使用の程度(負荷荷重と頻度)に応じたお客様が定める定期点検を実施してください。

つり方式による基本使用荷重一覧

使用個数 1 2 3又は4
つり角度 α α=0° α≦90° 90°<α≦120° α≦90° 90°<α≦120°
モード係数 M 1 1.4 1 2.1 1.5
品番 使用荷重 単位:ton
ME0808C 0.3 0.3以下 0.4以下 0.3以下 0.6以下 0.4以下
ME1008C 0.5 0.5以下 0.7以下 0.5以下 1.1以下 0.7以下
ME1210C 0.8 0.8以下 1.1以下 0.8以下 1.7以下 1.2以下
ME1614C 1.6 1.6以下 2.2以下 1.6以下 3.4以下 2.4以下
ME2018C 2.5 2.5以下 3.5以下 2.5以下 5.3以下 3.7以下
ME2422C 3.6 3.6以下 5.0以下 3.6以下 7.6以下 5.4以下
ME3028C 5.8 5.8以下 8.1以下 5.8以下 12.2以下 8.7以下
ME3632C 8.0 8.0以下 11.2以下 8.0以下 16.8以下 12.0以下
ME4236C 10.0 10.0以下 14.0以下 10.0以下 21.0以下 15.0以下
ME4842C 15.0 15.0以下 21.0以下 15.0以下 31.5以下 22.5以下

*4本つりの場合は、つり角度は、対角線方向の対抗するワイヤー等の角度とする。
*開発、改良の為、使用は予告なく変更する場合があります。
小数点第2位以下切り捨て

各詳細サイズ・図面

各詳細サイズ表と図面のダウンロードページをご用意いたしました。
閲覧をご希望の方は、下記ボタンよりご請求ください。
弊社より折り返し、ID・パスワードとURLをお送りいたします。

閲覧用ID/パスワード請求