最新情報

ブログ 一覧

独自の型打ち鍛造加工技術で実現 可動自在なアイボルトシリーズ(自在形アイボルト・回転アイボルト) 

可動自在なアイボルトシリーズは、クレーン作業に用いられるワイヤーロープ・チェーンを吊り荷側で固定する用具であり、

より安全な状態で吊り荷を固定・移動できる作業状態を提供できる製品です。

JISで定められている保証荷重(使用荷重×3)よりもレベルの高いメーカー責任荷重(使用荷重×5)を保証。

電気亜鉛鍍金・塗装に鉛の入ってない塗料を使用など環境に配慮した製品(RoHS指令に対応)。

 

■各製品の特長・仕様

多様なクレーン作業の安全性確保のために当社で独自に設計・開発・生産!!

 

1 マルチ アイボルト  特許 No.3606802・特許 No.3868439

・重量物吊り上げ軸に対し、360度回転、吊り方向に対しても180度可動します。

・JISアイボルトでの危険を伴った横吊り、斜め吊り、引き起こし作業時にも安全に使用できます。

・JISアイボルトの使用荷重の3倍の使用が可能です。

・取り付けたままでも小スペースで収納できます。

・使用荷重:M8(0.3ton)~M48(15.0ton)

製品ページはこちら

 

2 マルチ アイボルト ハイブリット 特許 No.4369989

・重量物吊り上げ軸に対し、360度回転、吊り方向に対しても180度可動します。

・JISアイボルトでの危険を伴った横吊り、斜め吊り、引き起こし作業時にも安全に使用できます。

・現在使用している雌ネジを利用でき、幅広い製品アイテム(バリエーションに富んだ使用荷重)の中から選択できます。

・小さなボディーで軽量化され、使いやすく作業効率を考えた製品です。

・使用荷重:M16(2.0ton)~M64(20.0ton)

製品ページはこちら

 

3 横兵衛(サイド セーフティー シャックルボルト)

・吊り方向に対しても180度可動します。

・横付け専用の吊り具でJISアイボルトでの危険を伴った横吊りも安全に作業できます。

・小さなボディーで軽量化され、使いやすく作業効率を考えた製品です。

・使用荷重:M16(0.8ton)・M20(1.0ton)・M24(1.5ton)

製品ページはこちら

 

2021年6月25日 5:26 PM

▶新着記事一覧