最新情報

topics 一覧

【浪速鉄工のマルチアイボルトが『NETIS-VE評価』認定!】

浪速鉄工 特許製品『マルチアイボルト』が、NETIS(国土交通省新技術情報提供システム)において有用な技術として「VE評価(活用効果評価済み技術)」に認定されました。

 

マルチアイボルトNETIS掲載ページ

https://www.netis.mlit.go.jp/netis/pubsearch/details?regNo=KK-150017%20

※NETISホームページを初めてご利用される方はアンケートページに遷移されますので、職種の選択と注意事項に御同意の上ご覧ください。

 

NETIS(国土交通省新技術情報提供システム)とは

NETIS ホームページ https://www.netis.mlit.go.jp/NETIS

 

NETIS登録番号

2015年6月12日申請 KK-150017-A

2021年4月9日 認定 KK-150017-VE

 

NETISのメリット

・VE評価がついている技術を採用し技術提案をすることによって、技術評価点向上の可能性がアップします。

・VE評価の技術を使い施行をすると、工事が完成したときに、発注者から採点される「工事成績表定点」に加点されるので、次回の入札で有利になる可能性があります。

 

NETIS-VE評価のメリット

・継続調査等の対象としない(評価の確定した)技術であり、通常、施工終了後30日以内に提出する「活用効果調査票」の作成が不要。

・当初登録の翌年度から10年間が掲載され長期にわたり使用できます。

 

マルチアイボルト

・唯一の純国産の回転式アイボルトであり、材料から完成品まで一貫して国内で製造。

・重量物の吊上げ軸に対し360度回転、また吊り方向に対しても180度可動する回転式のアイボルトです。特許No.3606802 特許No.3868439

・土木・建築・金型・造船・建設機械・産業機械・配電盤など幅広い業界で採用されています。

 

マルチアイボルトの特長

 安全性・経済性・施工性の向上

・従来のJISアイボルトでは禁止されている「横吊り」「引き起こし」作業に対応

・従来のJISアイボルトの3倍の使用荷重があり、対象物のねじ穴加工が小さくなりコスト削減が可能。

・繰返しの使用が可能であり、取付ボルトのみの交換が可能でトータル的なコスト削減が可能。

・取付ボルトの長さを変えることにより様々な現場に対応します。

 

マルチアイボルト製品ホームページ

 ・https://naniwa-iron.com/new_product/multi_ibolt/

 

 

2022年1月28日 8:30 AM

▶新着記事一覧